「エル パティオ セビリアー」の歴史

「エル パティオ セビリャーノ」は1952年、スペインの最初のタブラオ・フラメンコ(フラメンコ劇場)である「コルティーホ エル グアヒーロ」の建設から始まりました。トリーニ エスパーニャ、マティルデ コラール、エル ファルーコ、マニュエーラ バルガス、ラファエル エル ネグロなど、フラメンコのトップスターのキャリアはここから始めました。また、政治界や、映画界、芸術界、闘牛界などの有名人も訪れました。

1956年には、歴史地区の中心にあるプラサ デル ドゥーケに「エル パティオ アンダルス」を開設しました。そこでは、クリスティーナ オヨス、スペイン国舞踏大賞受賞者のミラグロス メンヒバル、チャノ ロバトなどが出演しました。

ラファエル エル ネグロ、マティルデ コラルなどの出演者
エストレジータ カストロとフアン コルテス 、「エル パティオ セビリャーノ」にて

1973年には、名称を「エル パティオ セビリャーノ」に改め、グアダルキビール川沿岸へ移動しました。隣には、レアル プラサ デ トロス デ ラ マエストランサ、向かいにはバーリオ デ トリアナがあります。また、周辺にトーレ デル オロやプエンテ デ トリアナなどの観光名称があります。現在は、イシドロ バルガス、アナ マリア ブエーノ、ミゲル ボセータなどのフラメンコ界のトップスターが出演しています。

「エル パティオ セビリャーノ」は、ショーの品質とお客様を満足させるためのサービスがすばらしく、セビリアのタブラオの評価基準とされています。

半世紀以上前から、フラメンコのトップスターがこの舞台から始めました。あなたが訪れたときは、ひょっとして未来のフラメンコのトップスターを目にする事ができるかもしれません。2度とできない体験を経験することになると思います。

現在の「エル パティオ セビリャーノ」